音楽でアセンションせよ!
2006/09«│ 2006/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2006/11
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2006/10/29
22:47:18
ハロウィンといえばお化け。
本日は上野の博物館にお化けを見に行ってきたぞよ。

「化け物の文化誌展」が「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」の片隅でひっそりと催されていることをわたしゃ見逃さなかったね。

でも、ミイラの料金で化け物の方も見れちゃうから行くなら11月12日までがオススメ。

さすがに日曜だけあって混んでたが、ヴァーチャルミイラの
グロテスクなCTスキャン映像が3Dで飛び出して来てなかなかよろしい。

もしミイラ展行く人いたらチェックしてほしいのはみやげものコーナー。
今回目玉のロシア人形風ミイラ・フィギュアはちいと高いんだけど、なかなか精巧ですぞ。

おすすめは象形文字の入ったビスケット。
中身を食べてちゃって空になっても、缶を小物入れとして使えるスグレモノ。

オマケみたいなノリの化け物展の方だが、カッパや天狗や人魚のミイラが展示してあるんで、エジプトの方と合わせて見れば損はしない。
今回、なぜか上京してきたパパも行ったんだけど、ここでもまた伝説が生まれた。
「昔、エジプトのピクルスをオマエに買ってやったよな?」
「ううん、それパピルスだよ」


mummy.jpg

スポンサーサイト
06:06:06
これはスゴイ本です。怪情報が一堂に会した恐るべき本であります。
著者も書いてる通り高橋良典の「大予言辞典・悪魔の黙示666」と宇野正美の「ユダヤが解ると世界が見えてくる」をベースにUFO、ダヴィンチコード、フォトンベルト、ニビルといったとんでも世界の黙示録に仕上がってますね。

かいつまんでみるとこんなの…

・叶姉妹はロスチャイルドと繋がって日本国民を堕落せしめんとしている!

・住基ネットは小手調べ。666のチップ埋め込みがついに日本を皮切りにスタート!

・ダヴィンチコードの真の暗号。それは12支族からドロップアウトしたダン族の末裔ダン・ブラウンの反キリスト誕生の下地作り!

・バーコード・スキャナーの赤い光が人類を獣化している!

・遺伝子組み換え食品が人類を獣化している!

・NASAの開発した浄水器による細菌兵器が日本の飲料水を侵し獣化している!

・ピカソは人類を獣化させる芸術家の刺客!

・アメリカ杉が誘発する花粉症は陰謀!

・反キリスト候補はドイツ人!

・六本木ヒルズで夜な夜な悪魔の丑の刻まいり!

・三井は古代イスラエルのベニヤミン族の末裔だから安心!

・・・とよくもまあこれだけ陰謀が世の中に渦巻いているもんだ。
たぶんこの本を読み終えたら何でも疑ってしまうに違いない。

著者が司会をつとめる世界の要人を招いた怪しげなサミットの模様も語られているが、
イスラム圏の要人なんかはテレポーテーションしてやってくるから凄い。
スーフィーもここまで出来るとはすごい…って一堂関心するシーンなんだけど、この人達って一体…?

結局会合に参加した要人の意見は割れることも少なくて、これって著者の自作自演じゃないのか?って疑ってしまったりもするが、それはそれで新しい手法かも。

ご丁寧に2012年までの年表まであって、非常にわかりやすく、しかも具体的に書かれていて、単なる妄想にしてもここまで正確に予測されてるとなるといちいち今後の社会情勢の動向が楽しみになってくる。

でも、ロシアや中国が食料危機でイスラエルに攻め込むとか、統合EUに反キリストが現れるとか、なんかシナリオがここ10年、いや20年前からあんまり変わってないんじゃ?そうすると歴史は大して変動してないってことなのかな?

最後の審判―120の預言 最後の審判―120の預言
宮本 光矢 (2006/02)
アカデミー

この商品の詳細を見る
06:06:06
911Flyer01-1.jpg さて、煩悩の日に生まれたロン様がその前日に「真相究明国際会議」を直撃!911WTCが自作自演であることは見た瞬間わかってしまったロン様であるが(半分妄想)真剣に研究している人がいたとは思いもよらず…一体どんな怪しいシンポジウムなのか興味深々。
 このイベント、3部構成で全日参加は当日で6000円。一部と三部だけで4000円…と正直この金額と得体の知れなさが参加をしぶる要因だった。新興宗教とかマルチの勧誘だったら嫌だな。
しかも二部は立食パーティーだし、なるべく名刺はもっていかないでおこう。
しかし第一部が朝9時半から開場って早くねえ?それに会場の国立オリンピック記念青少年総合センターって敷地内に建物がいろいろあるうえにポスターとか貼ってあるわけでもなく、すぐにその場所までたどり着けない・・・。
 ようやく会場入りすると、運よく(?)第三部はソールドアウトしたが、第一部と第二部は5000円で参加できるという。正直一日中911に浸るつもりはなかったし、1000円安くなったのでラッキーと思いつつ第一会場へ…。
 第一部は「911ボーイングを探せ」を筆頭とするVTRの上映会。
ほとんどプログラムは終わりかけで最後の作品だけまともに見れた。翻訳が間に合わなかったのか肝心な証言シーンだけ吹き替えも字幕もなかったが、おおよそのことはわかった。(後日吹き替え完全版を自宅に届けてくれるらしい)
 第一部を終え、どんな人たちが集まったのかチェックしてみると…リュックサック人口やや多め。年齢層はやや高めだったが、冴えない大学生風の人たちもチラホラ。外国人もチラホラ。どうやらフリルシャツは僕だけのようだ。
売店を覗くと…販売は関連書物くらいで、911Tシャツみたいなグッズがなかったので残念。
 そして第二部・・・一番気になってた立食パーティーだが、フリードリンク&フリーフードでランチバイキングみたい。・・・なんだ、いい集会じゃないか!変態よーこさん誘えばよかった~!
食事をむさぼりながら、911に懐疑的な人たちのリレートークがスタート。
 注目していたリチャード・コシミズさんは過激なコメント連発で、私の隣にいた肌の浅黒い外国人が笑っていた(失笑だろうか?)
同氏は最後に爆弾発言。 「ビン・ラディンはユダヤ人です。クリントンもブッシュもユダヤ人です!」
 他には、映像ジャーナリスト、デイビット・シャー氏によるフィルム上映。彼がかつてインターネットを通じて公表していたが、今ではグーグルでも検索不能でウィディペキアでも抹消されたという決定的瞬間をディレクターズカットで観覧。
これはスゴイ!WTC崩壊が、火災によるものではなく計画的に仕掛けられた爆破によるものであることを映し出しいる。(崩れていく寸前の下の階から爆発によるものと思われる無数の閃光が確認できる)
 高層ビルが過去に何度も火災に見舞われたことはあるが、24時間以上燃えても倒壊などしなかったという事実(意外とビルって頑丈なのね…)を踏まえて見てみると、確かにこの崩れかたは出来すぎている。
地震計も謎の揺れを倒壊寸前に何回か記録しているし、消防士などの証言も爆発を裏づけているようだ(水爆説もあるよ)
  最後は緊急来日のウィリアム・ロドリゲスさん。 WTC最後の生還者(清掃のおじさん)として一躍ヒーローに祭り上げられたが「真実」を語り始めたとたん非国民にされてしまった生き証人だ。 トークの最中に思わず思い出し泣きするシーンも…。
 リレートークの後はミュージシャンの演奏会ということだったのだがお腹いっぱいになったので会場を後にした。
・・・ということで、ボランティアの方々もみんないい人たちだったし、もし第二回大会があればまた行きたいな。
ナチのホロコースト、南京大虐殺、真珠湾攻撃、ケネディ暗殺、アポロの月面着陸…と、世の中は裏話がいっぱいあるけど、みなさんはこのリアルタイムの911事件の真相どう思いますか?








暴かれた9.11疑惑の真相 暴かれた9.11疑惑の真相
ベンジャミン フルフォード (2006/09)
扶桑社
この商品の詳細を見る








「9.11」の謎―世界はだまされた!? 「9.11」の謎―世界はだまされた!?
成澤 宗男 (2006/09)
金曜日
この商品の詳細を見る


06:06:06
いや~おもしろかった! 織田無道住職のイベント「世にも奇妙ナイト」何が面白かったって、豪雨の中このイベントに行った自分の行動が面白すぎ。

会場のエッグマンに入るやいなや、目に飛び込んできたのはステージに鎮座した祭壇。今夜はお通夜か?

客層はわりと若い女性も多く、なぜかB-BOYたちの姿も。 そして第一部は住職の怖い話。なんだかみょうに寒かったのは雨に濡れた後ビールを飲んで冷えたせいか?それとも…

第二部には元?AV女優の蒼井そらが登場。
B-BOYたちが「超かわいい~!」と会場のテンションは上がった。しかしもっと会場を興奮させる人物がここで登場。 なんと、エスパー伊東! でも出演者ではなくただ立ち寄っただけみたいですぐ消えた。

他にもどこかでみたことあるガタイのいい気孔師がサポーターとして登場と、第二部への期待は高まった。

住職は世界初の霊現象をお目にかけると宣言。
祭壇に向かって野太い声でお経を唱えはじめた。
七つの蝋燭に火を灯し、仕上げとばかりに気合と共に豪快に九字を切った。すると!

パリーン!逆さにおいたグラスが悲鳴を上げて割れた。

場内の反応は特になかった。

住職の解説によると杯を逆さに置いたことによって霊を怒らせそれを一点に集めたんだと。それによってポルターガイストのような現象が起こったんだとか。霊能者には絶対出来ないとマジシャンに言われたがやってのけたと自信たっぷりな様子の住職。

てことはマジックすか? 墓穴掘ってない?

ちょうど祭壇に住職の写真も飾ってあり、自分の葬式を模した舞台セットだったから墓穴を掘るのもありか。

次は空中浮揚するとか言ったので期待してたんだけど、ゲストの除霊とかいろいろやってるうちにto be continueな感じに…(除霊してもらってるゲストの反応もいまいち。サクラにもなってねえ)

え!これで終わりっすか?俺は優待券で入ったからまだいいものの…このどしゃぶりの中3500円も払って観た人は絶対地縛霊になるぞ!

もう最後の方は明らかにトークがおかしくなっていた。癒しじゃダメだ!と細木批判をしてたが細木カズコは癒しだったんだ。(おそらくスピリチャルブームのことでしょうけど)
マイナス25度の海を泳いだと言ったにもかかわらず、話を繰り返した時にはマイナス10度の津軽海峡を泳いだと言い…

結局、やってることはよくテレビの心霊モノの番組でやってたような内容なんだが、実際生で見ると脚色がない分しらけた。どうせなら、立派な祭壇組んでることだし、仕掛けバリバリで超常現象イリュージョン「織田無道、霊界からの大脱出!」くらいしてほしかったっす。

…でも、そんな織田無道が好きです。


霊障無心 霊障無心
織田 無道 (2000/08)
エムウェーブ

この商品の詳細を見る
プロフィール

ロンギヌスキー

Author:ロンギヌスキー
レア・メタル・グルーヴのオピニオン・リーダーとして、バンド・DJ・執筆活動など多岐に渡り活躍。Web対談「オーラの歪」のメインパーソナリティとしてインディーズシーンに貢献。独特の世界観と思想が持ち味。

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。