音楽でアセンションせよ!
2006/10«│ 2006/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2006/12
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
13:50:47
たばこって体に悪いし、周りにも迷惑だし、そろそろ俺もやめよーかなあ…というセリフ、あなたは何度言ったことがありますか?

最近は条令でも厳しく取り締まってるし、街から灰皿が次々と撤去され、肩身の狭い思いをしてる愛煙家も多いのではなかろうかと思います。

私も「禁煙セラピー」なんかを一応は読んでみて、何週間か禁煙したことはあるんですが、こんなにがんばったんだからもう吸ってもいいだろ?とたばこに火をつけてしまい、いずれも失敗に終わっているのです。

そんなシュチエーションを、イギー・ポップとトム・ウェイツが演じてくれる映画「コーヒー&シガレッツ」は、極上のリラクゼーション・ムービーと謳われる作品です。監督はジム・ジャームッシュ。

タイトルの通り、コーヒーとシガレッツを中心にショートストーリーが展開していきます。俳優やミュージシャンは、ほとんど役作りをしていないところがミソで、実名で登場し、実名の自分自身を演じているところがおもしろい。テーブルを挟んだ登場人物の作り出す会話の間がなんとも言えません。ただ、キャストをご存知なければそのおもしろさも半減してしまうでしょう。

しかし、禁煙という言葉はおかしい。なぜなら禁じることによってたばこに付加価値をつけてしまい、たいへん贅沢で魅力的なことだと解釈してしまうからです。

 本当にたばこをやめるなら、吸わなければいいだけなのです。
 でも、コーヒーとたばこの最強ペアから逃れられませんな。

あ~なんだか私も美味しいコーヒーが飲みたくなってきました。
ちょうど近所にいい感じの喫茶店があるんで行ってきま~す!


コーヒー&シガレッツ コーヒー&シガレッツ
ロベルト・ベニーニ (2005/09/09)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
2006/11/12
18:09:28

さて、瞑想(迷走?)に耽るべく都内某所のスピリチュアル・ゾーンへ。


 


「哲学堂」と呼ばれるその場所は、井上圓了(井上岸丸)博士が、東洋大学の前身である、旧哲人館大学の創設を記念して、明治37年にこの地に、四聖堂(釈迦、孔子、カント、ソクラテスの東洋、西洋の哲学者をまつる。)を建設したのが、始まりだそうです。


 哲理門(別名、妖怪門)をくぐると、そこには何だか怪しげな空間が… 「時空岡」と呼ばれるその空間には、四聖堂、宇宙館、絶対城、髑髏庵などの建物があり、中でも一際目を惹いたのは「六賢台」と呼ばれる塔。 敷地内には怪しげなオブジェや石碑が無数に点在し、それぞれ意味深な名前がつけられ、由来や解説まで加えられている。 ちょっとした不思議公園で、オーラの鍛錬にはちょうどよい場所である。


 レトロな水道ドームも近くにはあって、気分はまるで少年探偵団!




哲学堂の名所http://parkandcats.hp.infoseek.co.jp/tetugakudounomeisyo.html

13:59:52
アメリカを代表するパンク・バンド、ランシドとグリーン・デイが仕掛けた映画が遂に日本に上陸する、その映画は「リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!」。

 

1960年代後半のラブ&ピースで謳歌するアメリカを恐怖に陥れた"チャールズ・マンソンと彼のファミリー" そして彼らが起したハリウッド史上最悪の血まみれ事「シャロンテート殺人事件」を、なんとパンク・スプラッター・パペット・ミュージカルとして映画化。

 制作はランシドのティム・アームストロングが務め、声優にグリーン・デイのビリー・ジョー・アムーストロングを始め、BLINK 182、グッド・シャーロット、A.F.Iの人気バンドから、Go-Go's、ルナチックス、LAパンクの伝説的バンドX、さらにアーシア・アルジェント、ケリー・オズボーンが参加。

 現在のオルタナ・カルチャーが集結した21世紀最初のカルト・ムービーの誕生だ!!(オフィシャルサイトhttp://www.livefreaky.com/より)



R-15指定の映画だけど、ここまでやっちゃうアメリカって国もスゴイわねえ。
「人間は虫さえ創れないのに、神様だけは何人も作る…」みたいなモノローグから始まる神がかりにクソなセリフの数々。パペットのSEX描写や殺害シーンなど見所満載。
ちんかすの熟成したチーズの香りに流血色の赤ワインはよく合います。


リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー! デラックス・エディション リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー! デラックス・エディション
ケリー・オズボーン、ビリー・ジョー・アームストロング 他 (2006/08/18)
デックスエンタテインメント

この商品の詳細を見る
プロフィール

ロンギヌスキー

Author:ロンギヌスキー
レア・メタル・グルーヴのオピニオン・リーダーとして、バンド・DJ・執筆活動など多岐に渡り活躍。Web対談「オーラの歪」のメインパーソナリティとしてインディーズシーンに貢献。独特の世界観と思想が持ち味。

カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。