音楽でアセンションせよ!
2007/03«│ 2007/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2007/05
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
06:06:06
rdio.jpgdi0.jpg ディオが還って来た!人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」の第一部「ファントム・ブラッド」(原サブタイトルは「ジョナサン・ジョースター ―その青春―」)が映画化されちゃったねえ。オレん中じゃあジョジョは第二部までなんだよな。だってポスト・スタンド世代のジョジョは非常に絵が見辛いからね。
 んでもって、本家ロニーJの方のディオもブラックサバスに堂々の帰還!メタラーに絶大な評価を受けながらも、オジーの編集盤しか出なかったサバスのオムニバスだが、ようやく「ディオ・イヤーズ~メタル節だよ人生は(嘘)」なるベスト盤が加わった。
uds.jpgDS.jpg しかし、この二人のディオの画像並べると、まるでbefore&afterだな。
同じようなパターンで、圧倒的な画力とメタル用語を網羅した伝説のコミック「バスタード」のダーク・シュナイダーもbefore&afterすると…

てなわけで、ブラックサバス復帰後のヘヴン&ヘルの来日に備えてディオ様の全盛期のお姿を目に焼きつけろ!ウリリィィィ!!
Black Sabbath with Ronnie James Dio in = Neon knights
Black Sabbath - Dio - Die Young
スポンサーサイト
06:06:06

Alice in Chainsなんだか最近グランジという言葉も音楽も聞かなくなったなあ。
語源はアンダー・グラウンド・ガレージだと信じ込まされていた日も10年以上昔。(実際はgrungy:汚い、醜いというスラングが語源)
世紀末に向けてまっしぐらだったあの頃、地球は陰鬱で絶望に満ち溢れていたね。
メタル系の深夜ラジオは、グランジを筆頭とするオルタナティヴなロックを、まるで悪性の腫瘍みたいに、その不健全さを批判していたけど、今考えると「ロックってそもそも健全じゃないじゃん」とか思ってしまうよね。
そんな不健全な時代は過ぎ去り、輝きに満ち溢れた(?)21世紀に突入してしまった。
景気がいいのかなんなのかよくわからんが、80年代リヴァイバルとやらで、再びバブリーで健全な音楽が跋扈しているね。

一度はヒップホップやクラブカルチャーに自然淘汰されたかのように思えた我らがロックも、今やカジュアルに成り果て、ギャルショップでメタルチャーチのTシャツが違和感なく売られている始末なんだ。

そんな健全過ぎるロック事情。脳裏にイチマツの不安がよぎらないかい?
ライト過ぎる。音圧の問題ではないよ。グランジの頃のよーなオーラの歪みはどこに行ちまったんだ?

そんな今だからこそ、グランジ再編!
80年代リヴァイバルの次は90年代リヴァイバルに決まってる!

ああ、俺って時代を読みすぎ?いや、深読みしすぎ?かまやしねえ。時代を変えたムーブメントの目撃者の一人だもの。
シアトルなんて行ったことないが、映画「シングルス」は見た。
ネルシャツなんて着たことないけど、おっさん声で歌わせたら日本のエディーヴェイダーにすぐにでもなる自信はあるぜ。
あんまりキャッチーじゃないから、カラオケで歌っても場を気だるくさせるのがオチだがいいんだ。
グランジといえばニルヴァーナくらいしかみんな知らないがそれでもいいんだ。
ネオ・グランジ。あえて提唱する。今だからこそ…。

そんなヒネクレモノの俺がこよなく愛するグランジをピックアップしてみた。
まずはアリス・イン・チェインズ。重くて重くて死にそうな音だよ。
Voのレインはもうこの世にいないけど、昔から死相が出ているような顔している。

Alice in Chains - Them Bones[Video]




そしてオーディオ・スレイヴで垢抜けちまったクリス・コーネルのサウンド・ガーデン
ハイパーな歌声はいつ聴いてもウルトラ・メガOKだよなあ。

Soundgarden - Jesus Christ Pose




おっと、ヴェルヴェット・リボルバーでも相変わらず妖艶なスコット・ウェイランドのストーン・テンプル・パイロッツ。クネクネと動く彼は変幻自在のトリックスター須藤元気か?

Stone Temple Pilots - Sex Type Thing (Live Version)



00:28:21

 北欧のラスト・バタリオン、初ローディをコンプリート。一曲ごとにSEが流れ場面転換してたんで、着ぐるみゾンビの酸欠シーンは皆無。エディみたいなギタリストはけっこう動き回ってたなー。
小道具の用意周到さはアリスクーパーのショーを観てるみたい。(虐待シーンはなかったからアリスよりジェントルマンってことか)
子供から大人まで楽しめるロックって感じで、地元フィンランドでは国民的スターというのも頷ける。サービス精神旺盛な化け物達は、ある意味ディズニーランドの住人のように愛らしい。キモ可愛いってこういうのを言うのかな?

 さて、ローディの次は「偽りのメタルに死を」のスローガンを掲げる現代のサムライ(自称)達にぜひとも来日してもらいお目にしたい!マノウォーが新作リリース!今回はコンセプト・アルバムっすか?かつてゴリ押しの組曲やらかしてたから、今さら驚きはしねえけどさ。
20070514002318.jpgあ~またしても男尊女卑なジャケ
でも俺も漢だ。許す!
しかし、なぜに「キング・オブ・メタル」が廃盤なのじゃ?あれほどHMのHMたらん全ての要素をぶち込んだメタルのマストアイテムがリマスターされないというのは、国内における彼らの過小評価にさえつながりはしないか?
ぶっちゃけ、広く浅くの人はあのアルバムだけ持っていればいいし、入門編としても最適なのにな。
とにかく、ギネスブック公認の爆音メタルを生で拝みたいぜ。
エリック・アダムスの野生的なシャウトはメタル界最高(俺公認)だし、ジョーイ・ディマイオのフェロモン全開のベース高速ピッキング、そしてヘイル!!のポーズを見たいぞぉ~!

とりあえず、しばらくはこのコナン・ザ・グレート寸前の動画で慰めるのじゃ。ヘイ~ル!!

Manowar "Gloves of metal"

06:06:06
Stranger Thingsオーラの泉がゴールデンタイム進出!美輪さんご自身は当初、難色を示したらしい。

それはさておき、今夜は英国の美輪明宏ことソフトセルのマーク・アーモンドを堪能しようではないか。

エロティック・キャバレーはノン・ストップで・・・。

まずは、ラッパの穴から始まる、とてつもなくヒワイなこのPV。ソフトセル時代のアーモンド卿は若かりし頃の美輪様そっくり!


Soft Cell: Torch


歌ってるのがメケメケでも違和感なし。
Soft Cell - Secret Life


モミアゲを切り落とされた瞬間、憤死する男。そして異常なテンションではしゃぐ?アーモンド卿。
Soft Cell - Frustration


これは黒蜥蜴のワンシーンでしょうか?
Soft cell - Entertain Me


ローマ皇帝カリギュラさながらのアーモンド卿。邪悪です。
Tainted Love by Soft Cell


キン肉マンに出てきそうな超人にアブダクションされる男。アーモンド卿がなぜだかクラウスノミに見える。
Soft Cell - Tainted Love


プロフィール

ロンギヌスキー

Author:ロンギヌスキー
レア・メタル・グルーヴのオピニオン・リーダーとして、バンド・DJ・執筆活動など多岐に渡り活躍。Web対談「オーラの歪」のメインパーソナリティとしてインディーズシーンに貢献。独特の世界観と思想が持ち味。

カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。