音楽でアセンションせよ!
2007/04«│ 2007/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2007/06
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
05:55:37
ジーザス・クライスト・スーパースターのポスターを中野駅の高架下で発見。
トミーのポスターはいかしてたが、このポスターは聖飢魔Ⅱもしくはアングラ演劇のポスターみたいだ。

ジーザス…(以下省略)といえばロックオペラ。
ロックオペラといえばサヴァタージである。

サヴァタージというバンドはヘビメタを知らない層には馴染みがないだろうが、ジーザス…的なロックオペラを得意とするパワーメタルで、いわゆる様式美パワーメタルである。
様式美といえば、70年代にはレインボー、80年代にはイングヴェイ・マルムスティーンや、アクセプトといったグループが有名。
ジャーマン・メタルや北欧メタルがその主流となると、パワーメタルは90年代以降のメロスピに進化していく。
サヴァタージもその過程に出てきた様式美系バンドの一つなのだが、他と一線を画す存在だった。
アメリカのバンドながらクラシック音楽のようなドラマチックなサウンドを十八番とした彼らは、クイーン+メタリカと形容されたほど独創性に富んでいた。
中心人物はジョン・オリヴァ(Vo)とクリス・オリヴァ(G)の兄弟。
そこにポール・オニールというアンドリュー・ロイド・ウェーバーに傾倒する作曲家が加わり、壮大なロックオペラを生み出していく。

ジャーマンメタルや北欧がやたらと横行した時代、大阪のメタル専門店でサヴァタージのCDを買うと、私が様式美好きだと知った店員が話しかけてきたのを今でも覚えている。
私がツーバスドコドコにネオクラシカルな速弾きやハイトーンを散らかしたようなメタルにはうんざりしているとも知らず…

そう、サヴァタージの躍動感はハロウィン以降のメタルではけっして味わえない。
ましてや昨今のゴシックメタルなどには到底辿りつけないミステリックなダイナミズムに溢れている。(ザッカリーのソロバンドが最近、ダヴィンチコードのようなコンセプトアルバムを出していたが、テンプル騎士団の世界観はまさに彼らにうってつけのモチーフだ)

さて、このバンドも90年代のメタルバブル崩壊の影響を少なからずとも受けたのか、当たり障りの無いザッカリーという男をボーカルにすげ替える。そのとたん、クリスは事故死。あの芸術品のようなギターワークは伝説と化した。その後、平凡なバンドになってしまったサヴァタージの噂は最近ほとんどなく、メンバーのソロプロジェクトがたまにリリースされるくらいだ。  私がサヴァタージで好きなのは… Hall Of The Mountain King (1987) Gutter Ballet (1990) Streets A Rock Opera (1991)の3作品。

Hall Of~ではクラシックの名曲「山の魔王の宮殿で」をインストで披露。それまでアングラなパワーメタルだった彼らが本領を発揮するのもこのアルバムからで、クリスの壮麗なギタープレイと天性のリフメーカーとしての才能が開花した作品。
Gutter Ballet
続くGutter Balletはピアノを導入し、唯一無二の個性を発揮した秀作。芸術的センスが一気に高まったアルバムだ。
初心者はこのアルバムから入るのがベストだろう。

そしてその名もずばりロックオペラのStreets A Rock Operaでサヴァタージの音楽はメタルというジャンルを超え燦然と輝く名作を生み出す。感動のスペクタクル巨編に仕上がったこのアルバムは、クイーンズライクのオペレーション・マインドクライムに並ぶとまでいわれる。

こうしたコンセプト・アルバムが最近リヴァイヴァルの様相を呈してきているのは、ロックオペラの大御所ミートローフや、マイケミカルロマンスといった新世代のロックバンドがその手の作品をリリースしていることでもわかるだろうし、ここらでサヴァタージの再評価を世間に期待しようではないか!

Gutter Ballet - Savatage


Savatage - Jesus Saves


スポンサーサイト
03:34:45
 外国人の描く日本人っていつもヘンだ。ここがヘンだよ日本人の出る映画。ハンニバル・ライジングも、なんでレクターが剣道してんだ?猟奇殺人と武士道が結びつくのはさすがにヘンだ。

それに比べたら菊地凛子がアンダーヘアーを高層ビルになびかせる「バベル」は全然マシかな。でも、今どきの日本のヤングはウイスキー飲むの??ぶっちゃけ日本はこの二作品に出てこなくてもいい。たぶん金儲けのためだろ。

…といきなりネタバレしちゃってスマンね。
話題作「バベル」は旧約聖書の「バベルの塔」にちなんだ映画。
言語を乱され世界に離散させられた人間のドラマを様々な立場や視点によって描いた作品なんだけど…モロッコ・アメリカ・メキシコ・日本を舞台に一つの事件をきっかけとした複数のストーリーが絡み合う構成は、もしかしたら見る人を「混乱」に導くかもしれない。それもそのはず↓

『創世記』の著者はバベルの塔の名前を「混乱」を意味するバラルと関係付けて話を締めくくっている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



 でも、制作者の意図としては、愛の大切さを訴えているらしい。確かに、登場人物は皆、なんらかの愛情に欠乏している。

ブラピとケイト・ブランシェット演じるアメリカ人は夫婦間の愛、役所広司と菊地凛子は親子間の愛…といった具合に、神によって断絶されたコミュニケーションは、愛をも蝕む~ってか。

しかし、モロッコ人の兄弟が遊び半分で放った一つの銃弾が、皮肉にも国境や民族、国家や文化、言語を越えて愛を取り戻す。

 そんな愛を讃える素晴らしい映画…というのは表向き。コンスピラシー・セオリーによると、偽善に満ちたアメリカの陰謀映画なのだ。

 バベルの塔を現代に例えると、9.11の同時多発テロでもろくも崩れ去った世界貿易センター。モロッコをイラクに置換えたら… それに日本はかつてアメリカに弓を引いた国だ。メキシコだってアメリカと隣合わせでいろいろあっただろう。

 そして銃撃されたのはアメリカ人。しかもみんな大好きなブラッド・ピットだ。つまり、被害者を装いつつもアメリカの起こす戦争を肯定しようという魂胆ではなかろうか。

 ハリウッド映画には少なくともアメリカの政治的なプロパガンダが盛り込まれている。エンターテイメントという形態をたくみに利用し、アメリカ至上主義をサブリミナル・メッセージとして導入しているのだ。

我々はハリウッド映画の巧妙な罠に知らず知らずのうちに洗脳されている…。

 そして、世界の警察官を自負するアメリカは、あらゆるボーダーラインを取り払い世界を一つにしようとしている。バベルの塔で引き裂かれた言語・宗教・国家・民族もろもろを一つにし、支配したいのだ。

 そう、アメリカはバベルの塔を再構築しようと考えている。

その布石となるのが、この「バベル」という映画に他ならない。
やがて世界の中心に居座るアメリカはこの映画で、世界の中心で愛を叫んでみせるぞ!と宣戦布告しておるのだ。

「届け、心」のキャッチフレーズは「届け、銃弾」なのかもしれない。



バベル バベル
()

この商品の詳細を見る



05:57:21
 近頃はジャパニメーションと並んで、ヴィジュアル系(以下V系)の海外輸出がお盛んでありますな。日本男児としては、複雑な心境ではありますが、日本がメジャーになることはけっして悪くないと思う。  しか~し、独自の発展をとげたV系に、さらに飛躍するであろうアイデアを私は考えた!名づけて「南部系ヴィジュアル・ショック」  V系にもっとも縁遠いジャンルは多くあれど、アメリカの演歌であるサザンロックほど対極なものは他にない。その男臭くてタフなサウンドはV系に何の関係もないし、一見ミスマッチに思われるが、ロン毛、イケイケオラオラ感と家族愛=集合意識を共通点に、案外融合可能かも。無謀だが。  では、「南部系ヴィジュアルロック」のお手本となるアーチストはいかなるものか?まず挙げられるのはサザンロックの後継者、ブラッククロウズ。
 
By Your Sideクリス・ロビンソン(vo)、リッチ・ロビンソンの兄弟を中心にアトランタで結成された米国のクラシック・ロックの伝統を継承するロック・バンド。1990年のデビュー・アルバム『シェイク・ユア・マネー・メイカー』、92年の2nd『サザン・ハーモニー』が大ヒットを記録する。バンドは次第によりアーシーでレイドバックしたフィーリングを強めていき、ジャム・バンドとして評価を高めていった。02年に解散を表明したが、05年、再結成。(CDジャーナルより)

このバンドは線が細めなので、もっともV系に近い南部系だ。しかし、これはわりと最近の例。
もっと遡ると、ジョニーウインターという凄腕ギタリストの弟、エドガーウインターにぶちあたる。
1946年生まれ。キーボードからサックスまでこなすマルチ・ミュージシャン。兄はブルース・ギタリストとして有名なジョニー・ウィンターで“ジョニー・アンド・ザ・ジャマーズ”では兄弟でも活動していた。72年に自身のバンド“エドガー・ウィンター・グループ”を結成。ブルースを下敷きにしたロックを聴かせて脚光を集める。ソロ・アルバムでも商業的ヒットに恵まれ、大胆なディスコ・サウンドを導入した『エドガー・ウィンター・アルバム』を発表するなど、柔軟な音楽性が高く評価されている。(CDジャーナルより)

shock.jpgShock Treatmentこの人は兄と同じくアルビノ(白子症)で、めっさ色が白くてアイドル的ルックスで人気を博した。リック・デリンジャーという美形ギタリストも参加したエドガーウインター・グループの「恐怖のショック療法」というアルバムのジャケはまさにV系!これこそ元祖南部系ヴィジュアル・ショック!

Siogoさらに、80年代から活躍しているハードロックバンド、ブラックフットのネイティブ風味なルックスも大いに参考になりそうだ。

と、いうことで、V系が世界進出したとはいえ、いつまでも女子供を相手にしていてはいけない。そろそろちょい悪なダンディズムを醸し出してもいい頃では?  余計なお世話のV系改造計画でした。
プロフィール

ロンギヌスキー

Author:ロンギヌスキー
レア・メタル・グルーヴのオピニオン・リーダーとして、バンド・DJ・執筆活動など多岐に渡り活躍。Web対談「オーラの歪」のメインパーソナリティとしてインディーズシーンに貢献。独特の世界観と思想が持ち味。

カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。