音楽でアセンションせよ!
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
06:06:06
脚本の最初の3行を読んで出演を決めた…とジョニー・デップに言わしめたこの映画。確かに冒頭のモノローグ~「初めに断っておく。諸君は私を好きになるまい。男は嫉妬し、女は拒絶し、物語が進むにつれてどんどん私を嫌いになる…」は好奇心をくすぐらざるをえない。しかも、ジョニー・デップのようないい男が言うんだから嫌いになるはずもない。大胆不敵で挑発的な始まりだ。

 しかし、内容と言えば凡作、いや駄作?

 物語は17世紀英国に実在した放蕩詩人ロチェスター伯爵のデカダンスな人生絵巻。残念なことに登場人物や時代背景の描写がおろそかで、全然感情移入出来ない。

傍若無人な振る舞いを見せる天才詩人ロチェスターがカリスマ性で迫るのかと思いきや、大根役者に惚れ込み純愛劇に。そしたらアングラ劇場のようなアナーキー精神を見せたり、逃亡後の惨めな後半はありがちにも聖書で改心したりと、ストーリーも断片的にただ並べただけ。もっといい伝記映画になれただろうに…もったいない作品だ。

 見所といえば、ジョニー・デップのロックンローラーぶりだろうか。
カーリーロン毛のデップはまるでヘビメタさん。クラシカルな服装なのでイングヴェイ・マルムスティーンの(痩せてた)若いころのようだ。
梅毒に侵され杖をつきながら議会に申し立てに来るシーンの彼はまるでマリリン・マンソン。というか絶対モデルはホーリーウッドの頃のマンソンだ。


リバティーン リバティーン
ジョニー・デップ (2006/11/24)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://velliza.blog68.fc2.com/tb.php/19-1a96ba21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ロンギヌスキー

Author:ロンギヌスキー
レア・メタル・グルーヴのオピニオン・リーダーとして、バンド・DJ・執筆活動など多岐に渡り活躍。Web対談「オーラの歪」のメインパーソナリティとしてインディーズシーンに貢献。独特の世界観と思想が持ち味。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。