音楽でアセンションせよ!
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:26:21
 北欧ってロックがお盛ん。特に美形が多いことで知られておりますが、正直北欧産のロックにトキメいたことって数少ない。
でも、でも!ようやく見つけた!このバンドはしびれた!ジャストミートっす!その名も「ブラッドピット」

…名前がハリウッドスターみたいでズッコケるんだけど、サウンドは北欧のイメージを覆すオルタナぶり。モトリークルー+アリスインチェインズってタワレコの試聴コーナーで紹介されてましたが、ヘヴィさとメロディのブレンド具合がドツボっす。
フィンランドのグループで、ネガティヴのギターの弟さんのバンドらしいっす。でも全然こっちの方がワールドワイドな音だ。最近のアメリカンロック好きにも受けるんじゃないでしょうか。
北欧=北欧メタルに暴走R&Rだけではなかったのですね。

Bloodpit - Wise Men Don't Cry


 フィンランドといえば、最近話題の森の妖精~Korpiklaani~の新作もリリースされてしまいましたね。
バイキングメタル、旅メタル、祭メタル、宴メタル、農民一揆メタル…などと形容されていますが、かつてこれほど衝撃(笑撃?)を与えたバンドが北欧にいたでしょうか。
確かに、北欧は美形産出国というイメージはローディやウィグワムの出現によって崩れ去りつつありますが、このバンドのサウンドは確信犯にしてエポックメイキングだと言えます。いや、エポックバイキングか。

かつて私はブログで「北欧メタルが日本で受けるのは、共に妖怪の国だから。北欧は妖怪というより妖精だが」と書いたことがあるが、コルピクラーニはまさにドワーフ族である。
(なるほど、ハノイロックス系のロックミュージシャンはエルフ族でしたか)

コルピの魅力はなんといってもふざけた邦題です。例えばこんなの…

・朝から飲もうぜ
・森と大地と狼さん
・村が火事
・酒場で格闘ドンジャラホイ
・ビール飲み放題
・燃えろ!キャンプファイヤー!
・森の中でハッスルハッスル
・吐くまで飲もうぜ
・痛快!飲んだくれオヤジ

オジーの「暗闇にドッキリ!」なんてもう目じゃないっす。

KORPIKLAANI Happy Little Boozer



コルピと古の黒き賢者(初回限定盤)(DVD付) コルピと古の黒き賢者(初回限定盤)(DVD付)
KORPIKLAANI (2007/06/06)
ハウリング・ブル・エンターテイメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://velliza.blog68.fc2.com/tb.php/43-581a1b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ロンギヌスキー

Author:ロンギヌスキー
レア・メタル・グルーヴのオピニオン・リーダーとして、バンド・DJ・執筆活動など多岐に渡り活躍。Web対談「オーラの歪」のメインパーソナリティとしてインディーズシーンに貢献。独特の世界観と思想が持ち味。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。