音楽でアセンションせよ!
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:57:45

ベストハウス1,2,3♪じゃないけど、意外と三番目って知らないもんだ。
「一富士二鷹三茄子」なんてまさにそう。夢に現れると縁起がよいとされるベスト3だけどさ、
三番目がどうにも不可解。(富士山は高くて大きく、鷹はつかみ取る、茄子は「成す」に通じて縁起が良いらしい)
で、今回調査したのは日本の三大仏。
一番は奈良の大仏で二番は鎌倉の大仏なのはわかるが、三番目の大仏ははてどこか?
まさか牛久じゃねえよな。あれは立ち上がってるから邪道だ。立像は観音様じゃないと許せない。


 ミュージシャンの友人通称ガリ猫さん(4 bonjour's partiesというドリーミングなバンド)情報によると三大仏のナンバー3が岐阜にあるとのこと。
岐阜大仏-正法寺http://www.windsnet.ne.jp/swing/content.php?id=467


しか~し!三大仏を名乗るのは他にもあった! ポスト三大仏はこいつらだ!1,2,3♪


・富山の高岡大仏http://www1.tcnet.ne.jp/shima/daibutu.htm
・千葉鋸山の日本寺大仏http://www.town.kyonan.chiba.jp/nokogiriyama/nokogiriyama.htm ・秋田の赤田大仏http://www.kensoudan.com/firu-minami-e/akada2.html  


なぜ、三大仏がこんなに仏々(続々)と出てくるのか?
どうやら戦前までは「兵庫大仏」が三番目に数えられていたが、戦時中の金属回収令で取り壊されたため日本全国で三番目を争う状況となっているようなのだ。


 そして、三大仏がじつは東京は板橋区にもあった!その名も「東京大仏」
え!そんな近場にあるんですか?そいつはぜひ拝み倒すしかない!…と日本三大仏制覇に乗り出したのである。 
 さっそく三大仏の審議を確かめるべくガリ猫さんに大仏鑑定を依頼し同行してもらった。
午後2時、東武東上線成増駅で待ち合わせ。男二人で大仏巡礼っていう絵がシュールだ。
大仏は駅から20分くらいのところにあるらしい。土地勘がないので道のりは遠く感じたが、駅近過ぎてもありがたみがないってもんだ。
「京都や奈良のような古都だと神社仏閣がそこらじゅうにあるから大仏が現れても不自然さはないが、こういうありふれた住宅地に突然にょきっと現れる方がアヴァンギャルドで興奮するよ…」
と、ガリ猫さんは語る。  
 
 さて、一行は何のへんてつもない風景をさすらうと「大仏通り」という道にたどり着いた。ブツは近いか。
そこに「松月院」という寺があった。そこには大正時代に洋式大砲の演習をした顕彰碑というのがあり、それが大砲とわかるまではてっきり男根崇拝の御神体かと思ってしまった。070709_1436~001.jpg
松月院には幼稚園が隣接しており、ガリ猫さんいわく「寺と幼稚園がセットになっているのはもはや定説」とのこと。


つくづくポストロック界のみうらじゅんだな~とガリ猫さんに感心。
他には「怪談乳房榎」の記念碑があり、前回の熊野神社に続き妙なシンクロニシティを感じた。


さて、そろそろ本題に入る。松月院から大仏通りをしばらく歩くと民家の先の茂みから金のしゃちほこをあしらったような屋根が突然現れた!いいぞこのロケーションとシュチュエーション!でもまだ大仏は見えない。丘のような場所に祀られているようで木々にさえぎられ見えないのだ。  不法侵入者を監視するように閻魔像の置かれたセキュリティーシステムをかいくぐり、階段を上っていくと、七福神の像が出迎えてくれた。


070709_1453~001.jpgそして、ついに東京大仏が我々の目前に現れる。 おお!でかい!びゅ~てほ~! これなら三大仏は東京大仏で決定じゃねえ?
と、ガリ猫さんに訊くと、「いや、岐阜の方が大きいし猫背でいびつだ」とコメント。
どうやら岐阜の大仏は姿勢よくすればかなりでかい大仏のようである。070709_1501~001.jpg  


三大仏決定戦は岐阜の大仏に軍配があがったものの、大仏を取り囲むロケーションがかなり良いとのことで、トータルでみると東京大仏も三大仏に相応しいという鑑定結果だった。
大仏の脇役的オブジェの充実ぶりがそれを物語る。
RPGのキャラ風「何でも耐える がまんの鬼」「智恵をさずける 文殊菩薩」 「行者の元祖 役の小角」「三途の川の 奪衣婆」がじつにシュール。
中でも「奪衣婆」のインパクトには二人ともノックアウトされた070709_1459~001.jpg

 大仏の近くには「大仏そば」や滝、植物園、城跡や美術館、郷土資料館などいろいろあり、ローカルなスポットながら充分楽しめた。
(滝の写真は心霊スポットみたいだったので掲載はやめときます)

いや~大仏っていいですね。ご利益があればいいんですけど。070709_1506~002.jpg

 


 


蓮の花ってこんなんになってるんですね。水木しげるの「悪魔くん」に出てくる妖怪百目みたい。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://velliza.blog68.fc2.com/tb.php/47-2283f05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ロンギヌスキー

Author:ロンギヌスキー
レア・メタル・グルーヴのオピニオン・リーダーとして、バンド・DJ・執筆活動など多岐に渡り活躍。Web対談「オーラの歪」のメインパーソナリティとしてインディーズシーンに貢献。独特の世界観と思想が持ち味。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。