音楽でアセンションせよ!
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:10:55

化野念仏寺のさらに先、もうひとつの念仏寺がある。
ゆるやかできれいな坂道も、どんどん普通の道になってきて、周りの景色も木々の生い茂る山間に変わっていた。そして、たどり着いたのは愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)
嵯峨野めぐりの始発点である。 そこは先の化野念仏寺よりも面白い珍スポットらしい。

門をくぐり、坂道を登ると、ひょっこりコロボックルのようなファニーな石像たちが挨拶代わりに出迎えてくれる。
おたぎ念仏寺1おたぎ念仏寺5おたぎ念仏寺2
化野の方がリアルに怖かっただけに、なんだか人をバカにしたようなユーモラスなお寺である。
でも由緒正しいお寺みたいで、約1240年前の稱徳天皇の時代まで遡るようです。
本堂(重要文化財)は鎌倉中期の再建によるもので、大正11年に堂宇の保存のため、嵯峨の地へ移築されましたとのこと。
境内はシュールな仏ゾーンで、五百羅漢と呼ばれる表情豊かな石仏像があふれかえっている。
その石仏らは、昭和56年頃から創られ始め現在は1200体あるとか…。
仏像ってゆうものはポーカーフェイスなんだけど、ここの仏像さんは愛嬌があって癒される。
石仏が多いという意味では化野と同じ念仏寺、されど世界は180度違う。
化野は「あの世」そのものの心象風景で、なんだか悲しい気持ちになるが、愛宕の仏たちは、あの世に行っても楽しそう。何度でも訪れたい奇妙な寺でした。
おたぎ念仏寺3おたぎ念仏寺6おたぎ念仏寺7







スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://velliza.blog68.fc2.com/tb.php/68-ea494029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ロンギヌスキー

Author:ロンギヌスキー
レア・メタル・グルーヴのオピニオン・リーダーとして、バンド・DJ・執筆活動など多岐に渡り活躍。Web対談「オーラの歪」のメインパーソナリティとしてインディーズシーンに貢献。独特の世界観と思想が持ち味。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。